梅ヶ島温泉で一番の歴史と規模を誇る「梅薫楼」(ばいくんろう)の公式ホームページです。
静岡市を代表する温泉、国民保養温泉地として認定された梅ヶ島温泉の歴史、紹介から、毎日更新の紅葉(もみじ)情報、温泉療養方法や梅ケ島付近の名所・見所の案内など、梅ヶ島(梅が島)に関する情報が満載

◆梅ヶ島って?
◆歴史と伝説
◆館内施設案内
◆サービス案内
◆会社概要
◆お問合せ
◆成分と効能
◆温泉の入浴方法
◆周辺の名所・見所
◆交通アクセス
◆紅葉の見頃について
◆地産品の通信販売

梅ヶ島温泉観光組合の
公式ホームページ







梅ヶ島の夏!
いよいよ夏、真っ盛り!
街は暑くても、ここ梅ヶ島は標高が約1000m、5〜6℃は低いので、まさに高原の涼しさです!
梅ヶ島の夏の行事は旧暦、七夕やお盆行事はまさに日本の原風景です。お盆には安倍川沿線の各村々で「送り火」の花火大会が行われます。派手なお祭りではありませんが、都会に行った若者たちが一時帰ってきて老親、家族とのんびりと楽しみます。
夏でも涼感を覚える「安倍の大滝」「三段の滝」「赤水の滝」などが人気です。
今年も秋までは、夕食には必ず鮎の塩焼きをお出ししています。

安倍峠の林道は現在閉鎖中!
身延方面の安倍峠林道は、山崩れのため、安倍峠(県境)まで通行不可となっています。山梨県の身延からは梅ヶ島温泉に来られませんのでご注意ください。
先の山梨方面(身延側)は、道路崩壊のため当面の間、季節に関係なく通行不可のままです。
鮎の塩焼き(イメージ) お盆の送り火の花火
真夏の旧暦七夕(8月7日) 山伏岳のヤナギラン